小さな頃から考えてきたこと

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

三連休

f:id:bambi12:20170717174708j:plain

三連休は茨城県の大洗に行って来ました。

偕楽園をお散歩したり、那珂湊のおさかな市場で海鮮丼を頂いたり。あとは大洗磯前神社にも行きました。

残りの2017年が楽しく過ごせますようにって祈りました。

お天気に恵まれて、自然を楽しむことができた旅。

また行きたいです。

さて、このブログですがまだまだ書きたいことがありますのでこれから私の調子に合わせて少しずつ更新していきますね。

仕事のこと

皆さんお久しぶりです。まだ梅雨明けしていないのに、暑い日が続いてますね。
体調崩さないようにしてくださいね。

今日はタイトルに挙げたように今の仕事のことです。
今は派遣で営業事務をやっています。

仕事内容は電話応対、伝票作成、ファイリングといったところです。
伝票作成とファイリングは得意だし、好きです。

ただ、電話応対が苦手です。これは先日私を教えて下さってる社員さんにも言われました。

あぁ、自分はやっぱり能力に凸凹のあるアスペルガーなんだな、と思います。
臨機応変が苦手、交渉ができない…。社員さんに頼ってばかりです。

正直もう辞めようか悩んでます。

ただ、どの事務の仕事に就いても電話応対は必ずついてくる。

以前やっていた百貨店の短期アルバイトのように電話応対はほぼなし(あっても注文のファックス到着確認の電話をかける程度)の事務が合っているのかもしれない。

アスペルガーでなければ職業選択の幅が広がるんだろうな。

公務員として活躍する小学校の同級生がいる一方で私は派遣。尤も公務員の同級生は小学生の頃から頭が良くて運動もそこそこできる。もちろん定型発達。

人と比べることではないけどやっぱり比べてしまう。

仕事から解放されて、この世から消えてしまいたい。

療育

読者の皆さん、お久しぶりです。
不定期に更新されるブログですが読んで頂けると幸いです。
今日は療育の話をしたいと思います。


子供の頃、幼稚園と並行して療育園にも通っており、週に3日は幼稚園、あとの2日は療育園という通い方でした。

同じ療育園に通っているのは男の子が多く、女の子は私を含め一人か二人でした。

療育園ではどんなことをするのかというと、記憶の限りでは工作をしたり、タンバリンを叩いたり(これは大きな音に慣れるためのトレーニング)、クロワッサンなどの調理をしたりしました。

一口でいうと体を使っていろいろなことを体験しながら発達を促すといったところでしょうか。

夏になるとプールもあります。

もちろん給食もあります。給食は基本的に残すのはNGで、なおかつ食べる順番も指示されます。
私はこの給食のお陰で好き嫌いがほぼないです。

なお、母子通園なので親は別室で講義を受けています。

四半世紀前のことなので、全てが自分の記憶ではなく親から聞いた話も交ぜて書いています。

当時どんな気持ちで通っていたかは覚えていません。ただ、“火曜日と木曜日は療育園の日、親の車で行く”というように刷り込まれていました。

幼稚園の卒園と同時に療育園も卒園しました。

しかし小学生になってからもまた別の療育に通うことになりました。それはまた別記事で書きます。

私の得意なこと、苦手なこと

こんにちは。梅雨入りしたもののなんだか雨が少ないですね。
でも私としては雨が降らない方が洗濯できるし、単純に晴れの日が好きなのでこっちのがいいかななんて思ってます。

さて、今日は私の得意なことと苦手なことについてお話したいと思います。

得意なこと:人の誕生日を覚えること、文字や単語を覚えること、書くこと、ルーチンワーク

苦手なこと:急かされること、いっぺんにいろいろ言われること、子供の泣き声、怒鳴り声(男女問わず)、臨機応変に対応すること

今思い付いただけを挙げてみました。

客観的に見ると多くの発達障害の方が当てはまるのではないでしょうか?

発達障害さえなければいいのに、と何度思ったか数えきれません。凸凹がなければもっと生きやすいのに、と。

皆さんは何か得意なことはありますか?

また随時ブログ更新していきます。


ぜひクリックお願いします

発達障害ランキングへ

失言

今回は社会人になってからの話です。

今の主人と付き合う少し前に別の彼氏がいました。

その彼氏の家に泊まりに行き、一緒に寝ていた時に私はこう言いました。
「夜が長いね」
すると彼は
「どう反応すりゃいいんだよ」
と怒り出しました。
「秋の夜は長いねってことだったんだけど…」
「睡眠の邪魔してごめん。おやすみ」
「ごめん。今の言葉取り消す」
「勝手にしてくれ」

ちょっとした言葉で怒らせてしまった。
一緒にいる時間が長くなると素の顔が出る。

この出来事がきっかけでお泊まりが苦手になり、後に主人からお泊まりに誘われても断ってしまいました。

ちなみに、この彼氏とは程なくして別れました。

別れても未だにこの出来事を鮮明に覚えています。

協調性について注意されたこと

おはようございます。今朝は以前書いた病院での調理現場の夢をみました。今思い出しても辛い職場です。


今日は前回予告した協調性についてです。

大学二年生の時、食品加工学実習という授業がありました。ジャムやソーセージ、ヨーグルトといった加工食品を実際に作っていく授業です。

オレンジマーマレードを作った回の時、その前週に作ったイチゴジャムを希望者は持ち帰ることができるというのがありまして。

私は片付けが終わったと思ってそのイチゴジャムを取りに行きました。
母親にイチゴジャム持って帰ってくるね、と約束していたから。

ジャムを取ってきて仕舞っていると同じテーブルにいたBさんが一言。
「みんな片付けてるんだから」

片付けが終わったと思っていたのは私だけでまだ終わってなかったのです。

一応同じ班の子にも謝りました。
「みんなが片付けてる時に申し訳ない」と。

授業が終わった後、Bさんに呼ばれました。前から私の態度で気になるところがあったことを指摘され、さらに
「同じ班の子達も言わないでいてくれるだけなの」と言われました。

確かに私はBさんの指摘通り、実験や実習の時何していいかわからずにボーッとしていることもあった。

今思い返すとだいぶ周りが見えていなかった。

実験や実習の班の人間関係がうまくいかないことを年上の知り合いに話したら
「目配り、気配り、心配りだ大事だ」とアドバイスしてくれた。

今ならわかる。その言葉の意味が。

恥ずかしながら、私は気遣いを気遣いとして認識したのが大学に入ってからだった。遅すぎる。

社会に出て仕事をしてようやく注意されたことの意味を知る。

実験も実習も一人じゃない、チームワークなのだからみんなで協力し合わないとうまくいかない。
一人一人が役割をもって動くことが大切。

でも大学二年生の時はいまいちよくわかっていなかった。
言われないとわからない鈍感さ。発達障害の特性が如実に出る。

また、注意してくれたBさんや年上の知り合いには感謝している。気づくきっかけになったから。

チームワークができなかった頃のお話でした。

グループに入った、でも…

こんばんは。4日ぶりとなりました。
なかなか更新できずすみません。
フラッシュバックが辛かったのが今回更新できなかった理由です。
過去の失敗や失言で相手を怒らせてしまったことを思い出すと辛いものがありますよね。


私の大学生活の続きです。

私は夏休み明けには三人での行動をやめて別のグループに行きました。
行った先は六人グループ。最初はうまくいっていたのですが…。やはりここでも輪に入りきれない。


大学二年生に進級し、いつものようにそのグループのメンバーと授業が同じだったため一緒に行こうとしてついていった時、メンバーは自販機に寄ってからいくので私も一緒に行く。
すると、「(授業に)行かないの?時間過ぎちゃうよ」とメンバーの一人のAさんが言いました。

また別の日の授業前、グループのメンバーが座っている所に座らせて貰おうとしたら
「隣(の列)空いてるんだし、移動してくれない?」
とまたしてもAさんが言う。

この時私は“ああ、このグループにとって私は仲間ではなくてただ勝手についてきてる人なのね”と悟りました。

次の日から私はひとりで行動しました。
そこで、同じようにひとりで行動している子と知り合いになって一緒に授業を受けました。
ただ、彼女はクラスが違うので(2クラスに分かれていた)、クラス単位での授業の時は私は一人でした。

一人は寂しいし、定期テスト前に過去問が手に入りにくいし不便なことが多いけど輪に入りきれずにおどおどするよりはましなのかなと思いました。


次は協調性について書こうかなと思います。