小さな頃から考えてきたこと ~普通になりたいアスペルガー~

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

小さな頃のこと

私には兄が二人います。二人とも健常です。

ふたりの兄は幼稚園からスイミングスクール、公文に通っていました。

でも私は幼稚園に入ってもスイミングスクールや公文に通わせてもらえませんでした。

どうしてだろう。

子供ながらにそんなことを思っていました。

もちろん兄達は療育に通っておらず、自分だけが決まった曜日に療育を受ける。

それは小学校に入っても変わらず兄達や周りの友達は普通級、私は国語と算数の時間は支援級で授業を受けていました。

そして、私は小学3年の冬に母から告知されるのです。
「あなたは自閉症という病気なの」と。

それを聞いた当時は自閉症がなんなのかわからなかったのですが、自分が他の子と違うというのはなんとなくわかりました。