小さな頃から考えてきたこと ~普通になりたいアスペルガー~

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

障害と障がいについて考えたこと

障害と障がい|http://s.ameblo.jp/n1024y0213/entry-12277495991.html

URLは私がよく読んでいるブログです。桜井奈々さんという発達障害をもつ小学生の娘さんのことを中心に綴ってあります。

私はAmebaでもブログを書いていますがそこでは障害のことはオープンにしていません。

上記のブログを読んで思ったことは「障害」と「障がい」は表記だけ変えても意味がないと個人的には考えてます。
表記が違ったところで本人が不便な思いをしたり生きづらかったりすることに変わりはないのだから。

発達障害にしろ、身体障害にしろ、生きてく上で何らかの支障があるから障害なのであって今さら表記だけを変えられてもねぇ、というのが本音です。

確かに「害」って漢字に不快感を示す方はいらっしゃると思います。それは否定しません。

ただ、障害と障がいについて私の考えたことを率直に書いてみました。

どんな意見でも否定はしません。その人その人の考え方なので。