小さな頃から考えてきたこと

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

栄養士を志した理由

おはようございます。関東もついに梅雨入りしましたね。今日もなんだかすっきりしない天気です。


今日は栄養士を志した理由について書きます。
それは一言で言えば食べることが大好きだから。

私は発達障害の人にありがちな偏食が無いのです。基本的に食べ物は残さないし、何でも食べます。

そんな私に親が「食べ物に関わる仕事はどうか」と勧めてくれました。進路を決める高校生の時です。

母と一緒にとある女子大学のオープンキャンパスへ行き、管理栄養士の資格も取れた方が将来的に良いとのことで管理栄養士専攻を目指すことになりました。

その大学を受けるために高校から推薦をもらい、推薦入試で合格。高校3年の秋でした。

「大学は好きなこと勉強できるから楽しいよ」
当時通っていた個別指導塾の先生がそう言ってました。

春から始まる大学生活に胸を踊らせていました。

この時はまだどんな栄養士になりたいかを漠然としか考えられていなかった。

次は大学時代の話を書きます。