小さな頃から考えてきたこと ~普通になりたいアスペルガー~

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

グループに入った、でも…

こんばんは。4日ぶりとなりました。
なかなか更新できずすみません。
フラッシュバックが辛かったのが今回更新できなかった理由です。
過去の失敗や失言で相手を怒らせてしまったことを思い出すと辛いものがありますよね。


私の大学生活の続きです。

私は夏休み明けには三人での行動をやめて別のグループに行きました。
行った先は六人グループ。最初はうまくいっていたのですが…。やはりここでも輪に入りきれない。


大学二年生に進級し、いつものようにそのグループのメンバーと授業が同じだったため一緒に行こうとしてついていった時、メンバーは自販機に寄ってからいくので私も一緒に行く。
すると、「(授業に)行かないの?時間過ぎちゃうよ」とメンバーの一人のAさんが言いました。

また別の日の授業前、グループのメンバーが座っている所に座らせて貰おうとしたら
「隣(の列)空いてるんだし、移動してくれない?」
とまたしてもAさんが言う。

この時私は“ああ、このグループにとって私は仲間ではなくてただ勝手についてきてる人なのね”と悟りました。

次の日から私はひとりで行動しました。
そこで、同じようにひとりで行動している子と知り合いになって一緒に授業を受けました。
ただ、彼女はクラスが違うので(2クラスに分かれていた)、クラス単位での授業の時は私は一人でした。

一人は寂しいし、定期テスト前に過去問が手に入りにくいし不便なことが多いけど輪に入りきれずにおどおどするよりはましなのかなと思いました。


次は協調性について書こうかなと思います。