小さな頃から考えてきたこと ~普通になりたいアスペルガー~

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

向いてなかった職業

9月もあっという間に20日を過ぎましたね。今年もあっという間に終わってしまうような気がします。

 

これまで仕事のことを何度か記事に書いてきましたが、私が経験してきて適正がなかった職業を列挙していきます。

 

①調理業務

機敏な動きが求められ、かつ全体を見て他の人の状況も知らなければならない。

一つのことに集中してしまいがちな私には向きませんでした。

 

②介護

利用者さんの状態は一人ひとり異なるため、その人に合った対応が必須。

また、相手の気持ちを慮ることも必要。そして様々なトラブルに臨機応変に対応できないといけない。

 

③接客

ファストフード店で接客をやっていましたが、ただ注文を受けるだけでなく全体の状況を把握する必要がある。マルチタスクに業務をこなす仕事。また、お客様とコミュニケーションが取れないといけない。

 

④営業事務

納期調整など密なコミュニケーションが必須。そして介護と同様、様々なトラブルに柔軟に対応していくことが求められる。

 

まとめると、

臨機応変に対応していく必要がある仕事、コミュニケーションが欠かせない仕事、つまるところアスペルガーが不得手とすることを要求されるお仕事です。

 

ただ、あくまで私の経験談です。特性は人によって違うので参考にならない部分があるかも知れません。

 

この記事が発達障害を抱える誰かのお役に立てたら幸いです。