小さな頃から考えてきたこと ~普通になりたいアスペルガー~

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

私と支援級 その②

 

bambi12.hatenablog.com

 こんにちは。今日は私と支援級、中学校篇を書いていきます。

 

中学校は、支援教育に精通したA先生がいる学区外の所に進学。

在籍は支援級であるものの、9教科中7教科はクラスで授業に参加。残りの2教科である数学と体育は支援級でフォロー。

 

支援級に在籍することで得られたメリットは先生が親身になって相談に乗ってくれたこと。先ほど挙げたA先生は女性なのですが、私が入学した頃に

「何でも相談してくれていいからね。同性だから、話聞けるよ」

と言って下さりました。A先生はすごく頼もしい存在で、実際いろいろな相談に乗ってもらい、3年間本当にお世話になりました。

 

デメリットもなかったわけではありませんが、この記事では敢えて書きません。

 

数学も計算力がクラスのみんなより遅れていることを気にかけて、クラスの数学を担当しているB先生がわざわざ私のために補習をして下さりました。

 

幸い、支援級とクラスの連携をよく取ってくれていたようで私は安心して中学校生活を送ることができ、当時の先生方には本当に感謝しています。

 

困った時にすぐ相談できる所をどこでもいいから作っておくことが、発達障害を持つ子にとって少しでも安心出来るのではないのかなと思います。

 

拙い文章ですみません。参考になれば幸いです。