小さな頃から考えてきたこと ~普通になりたいアスペルガー~

幼少期に高機能自閉症と診断される。小学生の時にアスペルガー症候群と診断名が変わり現在に至る。このブログが誰かの助けになればいいなと思い開設。

日本の精神障害者への理解はまだまだ

 

bambi12.hatenablog.com

 

(一部上記の記事と内容が重複する部分があります)

12月上旬、加入している生命保険の見直しを打診されました。これまで医療保険には加入していたものの、死亡保険がついていなかったのです。

 

告知書を書く段階になって、2年前から精神系のクリニックに通院中であることや躁鬱病で投薬を受けていることも書かなければならず、(最初に医療保険を契約した時点ではまだクリニックに通う前)そのことを保険担当者(元々派遣の仕事をしていた時に一緒に働いていた知り合い)に話すと、

「どうしたの?何があったの?(仕事で)パワハラとかセクハラとかあったの?」

人の心の中に土足でずかずかと入り込みとても不快な質問だった上に、メンタル系のことをあまり理解していません。

 

申し込みを済ませ、今月13日に主人と一緒に担当者に会い、結果を聞くとやはり引き受け不可とのこと。

 

そしてその日は主人のバイク保険の更新手続きがあったのですが、そのついでに粗品としてスキレットを渡される。こちらの心情に配慮もせずに。

「これでハニートーストもできるよ♡」

と満面の笑み。

一体この人はどこまで人の神経を逆撫でするのだろう。

無論それは使いたくないし、近々フリマアプリで売る予定です。

 

 

粗品の件はともかくとして、精神疾患への理解はこれからの社会の課題だと思います。1日でも早く精神障害に対する理解が進むことを願います。